Recent Trackbacks

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Main | July 2001 »

イエローページとプレゴはHBTC&Kが取材協力しています。

●「イエローページ」7月号の特集は、「これだからビールは旨い!!」です。北海道ビアテイスタークラブ監修のビールチャートが紹介されています。このほか、地ビール、レストラン、ビアガーデンの情報満載です。エルフィンランドも紹介されています。350円。
●読売新聞の無料配布誌「Prego(プレゴ)」7月号の特集は「北海道の地ビールを巡る」です。北海道地ビール連絡協議会加盟22社が紹介されています。大通の地ビールひろばの割引クーポン券までついています。
●さらに、「すすきのTOWN情報」7月号でも「五感で味わう今年のビール」特集です。

夏はニュースが多いぞ(^_^)v

●丸井今井札幌の酒売場で、京都の羽田酒造(有)の地ビール「周山街道ビール」が販売されています。ケルシュ2種とヴァイツエン、アンバーエール370円から420円。残りわずかなのでお早めに。
 余談ですが、さっぽろ東急の「宮崎の物産と観光展」に地ビールは出品されているでしょうか?
●小樽ビールのブルワリーレストラン「小樽倉庫№1」が6月18日にリニューアルオープンしたそうです。シーズナブルビールはアルトです。
 小樽運河ビールストリートの各店舗も改装したようで、カスクコンディションドスタウトが飲めた「小樽海鮮省」は閉店したそうです。
●「じゃらん」7月号に輸入ビールを扱う酒屋「ワイン&リカー ふなき」(南8西25西友内1F)が紹介されています。ベルギービールやアジアビールを扱っているそうです。

シュワッシュワっとビアカクテルが美味しそう…

●ERIO(エリオ)vol.21で、「シュワッとお酒。」と題して、ビールとスパークリングワインなどの発泡性のお酒の特集を1冊丸ごと載せています。ビールと合わせた料理やビアカクテル、ビールカタログ、飲めるお店などと充実の1冊です。道内関係では、海鱗丸ビール、薄野地麦酒が紹介されているほか、伏古9条にあるアメリカの地ビールのピラミッドが飲める店が紹介されています。
 ビアカクテルでは、ブラックベルベット(スタウトのシャンパン割)ならぬ、オリジナルのホワイトベルベット(ヒューガルデンホワイトのシャンパン割)などが紹介されており、ブルーパブ、レストランのメニューにいかが?NHK出版発行950円+税。
●北方ジャーナル7月号では「ビール特集」で、7ページに渡り、4大メーカーの今年の夏の販売戦略などが紹介されています。北海道は、まとめ買いが多いため、定番銘柄のシェアが高く、サッポロビールが他地域より健闘しているそうです。880円。
●表紙も中身も変わったという道新Todayでは、「札幌3大ビール園看板娘ご案内」というビール園の特集をフルカラー2ページで紹介しています。北海道新聞社発行750円。

こんなコーナーを始めました。

いしかり番屋の地ビールでは、ビール酵母入りのオリジナルソフトクリームを発売した。9月末までの限定品。
薄野地麦酒の掲示板が復活していました。

新機能を使ってみます。

@ニフティで、新しい機能ができたので、ビールに関するトピックスのページを作りたいと思います。

Main | July 2001 »