Recent Trackbacks

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 北海道ビアテイスタークラブ(HBTC)のご案内 | Main | 9月16日 後志ただ飲みツアー(その2) »

9月16日 後志ただ飲みツアー(その1)

9月16日、「後志ただ飲みツアー」に行ってきました。最終目的地は、北海道で一番新しい地ビール「ニセコビール」を飲んでくること。途中で酒とウイスキーの工場見学でただ酒を飲もうという、計画です。
JR北海道の乗り降り自由の「一日散歩きっぷ(道央圏用)」2,040円を使ってニセコ町まで行ってきました。
まずは、9時31分発のいしかりライナーで目指すは、南小樽駅。10時8分着で早速向かったのは、小樽の地酒「寶川」を醸造している田中酒造の「見学製造場 亀甲蔵」。田中酒造は、四季醸造蔵のため、年中無休で仕込みの様子を見学することができます。丁度一緒に入ってきた家族連れと一緒に案内つきで、工場見学ツアーにいきます。
ガラス越しに酒母やもろみの様子が見ることができます。年間100kl程度の小規模な蔵なので、設備もコンパクトにまとまっている感じです。(今まで、旭川の高砂や栗山の小林などわりと大きい蔵しか見たことがなかった)小さいからこそ、部屋の温度管理ができ、四季醸造が可能なのかもしれませんが。
案内してくださった方に杜氏のことを伺ったところ、一応南部杜氏だそうですが、1年中仕込んでいるため、社員となっていて工場長と呼ばれているそうです。
試飲コーナーでは、3種類の酒を飲みました。生しぼり原酒と吟醸酒と貴醸酒(水ではなく酒で仕込む酒)の3種類でしたが、生しぼり原酒が美味しかったです。
売店は広く、自社製品以外に小樽ワインや小樽ビール、小樽ワイナリービールその他諸々扱っていて、接客も丁寧で親切でした。お客もみな酒やビールをどんどん買ってましたね。私はオリジナルグラスが気に入って1個300円(安い)を買ってしまいました。そうそう、仕込み水も飲めました。(続く)

« 北海道ビアテイスタークラブ(HBTC)のご案内 | Main | 9月16日 後志ただ飲みツアー(その2) »

あたまじゃくし日記」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79721/7008205

Listed below are links to weblogs that reference 9月16日 後志ただ飲みツアー(その1):

« 北海道ビアテイスタークラブ(HBTC)のご案内 | Main | 9月16日 後志ただ飲みツアー(その2) »