Recent Trackbacks

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« April 2003 | Main | June 2003 »

今年も「地ビールひろば」は開催されます。

薄野地麦酒のHPがリニューアルしたそうです。また、うちの薄野地麦酒のページの情報を訂正しました。(薄野地麦酒S様、ありがとうございます。)
Beer Paradise BONGO&スランチェの企画による第2回のビアセッションが開催されます。6月29日(日)にBONGOで、イギリス・アイルランドのビールとパブ料理が味わえるそうです。詳細は後日。参加費は5,000円。ギネスグッズが当たるスクラッチなどがあるそうです。
●今年の大通公園の「地ビール広場」は7月20日からです。詳細はわかり次第。
●札幌市内でもっと多くの種類(100種類以上)の海外ビールを購入できた酒屋、リカー&ライスYONENAGAが閉店するそうです。閉店は6月20日、閉店セールは6月5日からです。
●北海道のビールも紹介されている「スロービールで行こう」が発行されました。廣済堂ベストムック51、発行は廣済堂出版、1,300円+税です。紹介されているお店は是非行きた~いっと、いった感じです。世界のビール事情の執筆陣も豪華です。
●「GREAT BEER GUIDE 500 CLASSIC BREW」の邦訳本、「世界の一流ビール500」が発行されました。ブルース・原田訳、渡辺純編集協力で、ネコ・パブリッシング発行、2,500円+税です。フルカラーなので、厚い重いです。
●麦酒倶楽部ポパイが、「男の隠れ家」7月号で紹介されているそうです。

道新ブルワリーツアーがおもしろそう

●平成15年5月20日付け北海道新聞の広告によると、6月21日(土)に「道新ブルワリーツアー」の参加者を募集しています。募集人員は抽選で20組40名。20歳以上のペアで申し込みで、参加費は無料だそうです。
 とき:6月21日(土)
 ところ:キリンビアパーク千歳
9時に道新前に集合で、貸し切りバスでキリンビール千歳工場見学、昼食後、ビアパークで開催中の篠山紀信写真展「食」などを見学するそうです。
詳しくは20日の道新朝刊を読むか、電話011-210-5732にお問い合わせを。締め切りは6月6日必着。
●毎日新聞購読者に配布される「トクプレ」6月号でちとせ地ビールピリカワッカがプレゼント賞品となっています。この情報誌は地域の特産品が当たる様々な懸賞が紹介されていて、地ビール、地酒、焼酎などの賞品が毎回あります。今回は愛知の金しゃちビールも紹介されていました。
●「2度旨!100円つまみ256レシピ」というムック本が発売されています。「旨い肴とビールのご機嫌な関係」ということで、手軽なおつまみが紹介されています。アーンド、下北沢の蔵くらが紹介されています。店長を始めスタッフ3人の写真付き。
「一歩先行くビールの愉しみ」ということで、ビールの基礎知識とビアスタイルごとにあう料理が紹介されています。価格も552円+税と手頃で、コンビニでも見かけます。
●ちょっと古いのですが、5月10日付け日本経済新聞「NIKKEIプラス1」の「何でもランキング」は「主婦が飲みたい発泡酒」でした。
1位はサントリーダイエット生、2位サッポロ北海道生搾りハーフ&ハーブ、3位キリン淡麗グリーンラベルと、糖質やカロリーを低減し、栄養成分を表示した機能性発泡酒が上位に並びました。
ちなみに、「よく飲む」「好きな銘柄」の1位、2位はともに麒麟淡麗、アサヒ本生だそうです。日本地ビール協会の中山さんのコメントも紹介されています。

受賞ビール決定!!

●日本地ビール協会が行っている国内地ビールのコンペティション「ジャパン・ビア・カップ2003」の入賞ビールが発表されました。金銀銅の各賞は、5月31日、6月1日に恵比寿ガーデンホールで開催される「ジャパン・ビア・フェスティバル2003」の中で発表されます。期待の道内地ビールの入賞状況は、次のとおり
イングリシュ・ライトエール部門
 大沼ビール インディア・ペールエール北海道/(株)ブロイハウス大沼
イングリシュ・ダークエール部門
 はこだてビール 社長のよく飲むビール北海道/(株)マルカツ興産
ジャーマン・エール部門
  大沼ビール アルト北海道/(株)ブロイハウス大沼 
 大沼ビール ケルシュ北海道/(株)ブロイハウス大沼
ヴァイスビール部門
 いしかり番屋の地ビール ヴァイツェン北海道/石狩ビール(株)
の4部門に3社5種類が入賞しました。特にいしかり番屋の地ビールは初の受賞です。また、審査委員長の講評によるとどの部門も激戦だった模様です。メダルの色が楽しみですね。

« April 2003 | Main | June 2003 »