Recent Trackbacks

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« August 2004 | Main | October 2004 »

ビン缶飲み比べ~1

缶が美味しいのか、ビンの方が美味しいのかそれともまったく同じなのか、味比べしてみました。
丁度、アサヒのスーパードライ鮮度急便(製造から3日以内に出荷)が家にあって、それ以前製造のビールと味比べをしたかったので、スーパードライで味比べをすることにしました。それに、普段あまり飲まないし、雑味も少なそうで、比較しやすいかと思いまして…
比較するのは、ビンは大瓶9月中旬製造。缶は350ml缶(鮮度急便はこのサイズしかない)9月下旬製造。おまけのミニ缶135ml8月上旬製造。
ちなみにバックにあるのは、鮮度急便の6缶パックですが、アサヒビール北海道工場の写真入りがポイントだそうです。(北海道限定ですよ)

ビン缶飲み比べ~2

グラスはギネスですが、あらかじめよ~く洗って乾かしておきました。(歯もよく磨きました)。ビンと缶はほぼ同じ注ぎ方ですが、ミニ缶にはグラスは大きかったようです…。
見た目に違いはないようですが、実際に観るとなぜか心もちビンの方がビールの色が薄い気がします(微妙なんですが)。右からビン、缶、ミニ缶です。
香りはビンはかすかなホップらしき香りのみ、缶は香りが全体的に少し強く(?)、甘い香りもかすかにします。
味はまずビンを飲んでみます。甘味、酸味は少なく、程良い苦味があってラベルの「洗練されたクリアな味、辛口」のイメージ通りです。缶は、味もビンよりやや強め。甘味、苦味、酸味ともビンより強い。特に苦味を強く感じます。また、後口に粉っぽさ(?)のようなものが残ります。ビンの方が全体のバランスが良くて美味しい??ミニ缶は缶の味にプラス金属っぽい味を感じました(時間がたつと水っぽく感じました)。
ただ、いずれのビールもオフフレーバーに相当するものはありませんでした。でも、なぜか、ビンの方が美味しいというか、イメージのスーパードライに近かった。これって、やっぱりビンの方が美味しいことになるんでしょうかね?
注いだ印象では、カーボネーションの状態に違いはないような気がしました。で、今、これを打ちながら時間がたったビールを飲んでいるんですが、やっぱりビンの方がさっぱりとしています。香りは同じになってきましたが、味は缶の方が苦い…泡の残り具合も同じくらいですね。こうして比較するとイメージだけの違いではないような気もしてきました。ほかのビールでも試してみるべきかな???

ビールと関係ないけど…

先日本屋で「ファクトリーZ(ゼット)」と「ペリカンロードⅡ」の最終巻を買ってきました。どちらももう少し続いて欲しかった…
正直言って「ペリカン~」は終わってホッとしている部分もありますが(相変わらず話が暗いから)、「ファクトリー~」はまだまだ続けて欲しかったぞ!!(無理とは思うけど是非続編を~)
「ファクトリーZ」は新車のスクープ写真をキャッチするカメラマン、南雲零が主人公なんですが、作者の車メーカーへの愛情を感じる作品でした。(私もニコン好きなので、カメラ好きにもお薦め)
零の結構いい加減な性格と回りのスタッフのマニアぶりがいい味です。個人的には、零を見る目が怪しかった榛名が気になるが(笑)
あと、原作者はマツダ好き??最初と最後マツダネタだし、吾妻パパも美味しい役どころでしたね(マツダって現在の社長は日本人なのね)。
全4巻なので、是非皆様にお勧めしたいです。ちょっと色気は足りないですが(ハハハ)。
バイク&クルマ漫画を読むのが好きな私としては、現在お薦めは「JyaJya(ジャジャ)」えのあきら作です。イタリアンバイクネタが多いですが、密かにプロジェクトXだったりして…でも、色気は少しは…ない気がします…でも、絵がきれいなので、女性にもお勧めです。
というわけで、誰にも話せないので、ここに書いておきます。がーっ。
http://websunday.net/gx/sakuhin/makino.html
http://websunday.net/gx/sakuhin/eno.html

道新文化センター再び…

道新文化センターで10月から再び、「世界のビール 味めぐり」講座が始まります。講師はHBTCメンバーです。
毎月第3土曜日の午後3時から、道新文化センター第9教室とPaul's Cafeで行います。4月~9月コースは定員オーバーいたしました。詳しくは、こちら
●来月末に売り上げの一部を呼吸器障害の予防啓発運動に寄付する、チャリティー地ビールが誕生するそうです。
NPO法人「日本呼吸器障害者情報センター」が企画し、埼玉県のコエドブルワリーが開発、販売するそうです。「福祉酒房 やすらぎ」と名付けられたビールは330mlビン390円で、1ダース単位で注文を受け付け、工場から直送するそうです。
発売は10月28日、申込みは同センターFAX専用0120-181294。
「飲むボランティア」が流行ると良いですね。詳しくは、9月25日付けの読売新聞朝刊に紹介されていました。

« August 2004 | Main | October 2004 »