Recent Trackbacks

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« November 2005 | Main | January 2006 »

エゾリスです。

20051231_1000_000.jpg
実家ではエゾリスや野鳥に餌付けしています。一応、野生動物の生態に影響を与える事を心配しておりますが、両親がセッセッと餌を与えて楽しみにしているので止まりません…おかげで我が家のエゾリスや小鳥は丸々としています。
ついでに人間に慣れてしまい、こんな近くでも平気で餌を食べています。両親は手から直接食べさせたりもできます。実はもっとアップの写真もあったのですが、野生動物らしくないので…携帯のシャッター音にも驚かないだな、これが…

十勝ビール

20051230_1603_000.jpg
実家に帰る途中に十勝ビールのレストランに寄りました。まずは、お試しセット。左から十勝ラガー、ブラウンエール、ヴァイツエン、メルツェン。メルツェンは季節限定ビールです(でも、なぜ今の季節?)
味の方は相変わらず、どれも良いできです。メルツェンもモルティさと少し利かせたホップ(某醸造長はホップ好き)のバランスも絶妙でした。食事もメニューが春から一新しており、鹿追ゴーダチーズの変わり天ぷら、長芋の十勝ビール漬けを食べました。
帰りにメルツェンと黒生の2種類を瓶で買って帰りました。

正月の準備

明日、実家に帰るため色々準備をしています。JRの座席指定が取れなかったので、身軽になろうと荷物を先に送ることにしました。以前引っ越しで使った段ボール箱を引っ張り出したところ、ふたに大きく「酒の本」と書いてあります…趣味でビールや酒の本を集めているため(本棚2個分あります)、前回の引っ越しで使ったもののようです…
さすがに受け付けカウンターにこれを出すのは恥ずかしいと思い、別の段ボールを出したところさらに大きな文字で「酒」「本」……
仕方ないので最初の段ボール箱(ちなみに愛媛の伊予柑)に荷物を詰めました。ふ~
受付カウンターでは本当に伊予柑を送るのだと勘違いされ、箱の文字など気にされないことを知りました。良かった。
今は冷蔵庫を開けたら明日が賞味期限のちくわが出てきたので、酒のつまみにしております。
明日からは、とりあえず携帯で写真だけアップすることが多いと思います。

常陸野ネストビールエクストラハイ

20051228_2342_000.jpg
寒いので暖まろうとアルコール度数が8%のエクストラハイをちびちびと飲みました。あ~あ、年賀状まだ書いてないよ…

地ビール減税2年延長へ

20051227_2301_000.jpg
地ビールに対する税制優遇措置が2年間延長されそうです。記事によれば、税額の20%軽減は来年の3月末までだったのですが、経営規模が小さく製造コストが高くなりがちな地ビールは、引き続き税制面で後押しが必要と認められたそうです。
これで、地ビール作りをやめるブルワリーが無くなると嬉しいのですが。
その一方で、ブルワリーもビール好きももっとがんばる必要があるのでは。と言いつつ今日の1杯目はサントリーザ・プレミアムモルツ。普通のモルツよりホップが利いていて美味しいですな。
このあとは何飲もうかな~

田沢湖ビール秋田竿燈麦酒

20051226_2223_000.jpg
忘年会でアサヒスーパードライと甲類焼酎を飲んできました。とりあえずもう少し飲みたいので、田沢湖ビールの「秋田竿燈麦酒」を開けてみました。瓶に「Mild」とあるとおり、特に強い個性はありませんが、飲みやすいゴールデンエールといった感じです(ビアスタイルの表記はなし)。

サントリー麦の贅沢

20051225_2221_000.jpg
昨日はスランチェでオホーツクビールのクリスマスビール飲んで、麦酒停でアンカースペシャルエール飲みました。ヘアーオブザドックのパンプキンビールも美味しかった。
今日は、いつものスーパーに行ったら今まで置いていなかったサントリーの「麦の贅沢」があったので、買ってきました。もっと甘みとかモルティさとか感じるかと考えていたのですが、特になかったです。ふつーの第3のビール(?)ですね。

田沢湖ビール男鹿麦酒

20051223_2159_001.jpg
男鹿麦酒、パッケージは「なまはげ」です。さすが秋田(88年ぶり積雪記録更新だそうですが)。
ベルーナの頒布会の今月は田沢湖ビールのラインナップですが、以前も飲んで美味しかったので、今回も楽しみでした。このビールは色は赤銅色(カッパー)で苦みの利いたビールです。飲んだ感じエールのようですが、ビアスタイルはアルトかな?どこにもビアスタイルが書かれていないんですよね。
つまみはゴーダ&レッドチェダーチーズのセロリ塩添え。セロリ塩萌え~

常陸野ネストビールスイートスタウト

20051222_2130_000.jpg
エスプレッソのような香りと色の黒さからは想像できない、軽い口当たりのスタウトです。ローストモルト由来の苦みと軽い酸味を感じます。甘みも感じますが、かすかです。アルコール度数は4%と低くさっぱりとしたスタウトです。
そして手前のサカナの皿に盛ってあるのは、今日は冬至と言うことで、「カボチャの唐揚げ」です。ほんのりスパイスと甘いカボチャがスイートスタウトにぴったりです。
それから、常陸野ネストビールを醸造している木内酒造のサイトはこちら
ついでに、クリスマスも近いのでデザインもそれらしくしてみました。

ベルギーといえばマネケンピス

ベルギーの小便小僧に関するこんな記事を読みました。今ひとつ飲みたいような飲みたくないような…でも、見たいです。
20051221_2211_000.jpg
今日飲んだビールはエチゴビールの「吟醸麦酒」です。清酒大吟醸酵母を使用していますが、吟醸酒の香りも味もそんなに強くはないです。ただ、飲んだときに感じる苦みの後味が日本酒です。すごく飲みやすくてアルコール度数6%なのを忘れてゴクゴク飲んでしまった…
パッケージもレトロで決まっています。なんか、越後鶴亀も飲みたくなってきた…
閑話休題
そういえば、小便小僧の○○に使われるビールはどこのでしょうね?誰か体験した人いないかな?私も3度ほど見に行ってますが、イベントは特に体験なし(12月だったときサンタの衣装は着ていたことがある。)
どうせなら、「ブロンシュドブリュッセル」なんていかがでしょう?

とても面白い「バカ世界地図」

右側の「買ったり薦めたり」でも紹介している「バカ世界地図」にはまっております。サブタイトルにあるとおり「全世界のバカが考えた脳内ワールドマップ」なんですが、地理音痴がそれぞれ考えた世界地図に地理音痴達がみんなであれが正しい、これは違うと意見を出し合ったあげくできた世界地図のできる過程を本にしたものです。
みんな自分の国や好きな国はもっと大きいと思いこんでいたり、名前が似ていると隣同士と思いこんだり、その思いこみを一々地図に落としサイトにアップする、結構大変な作業だと思うのですが。
それにしても、オーストラリア人は本当に自分の国の形を知らないんでしょうか?この本では、確認するため、オーストラリアを拡大した四国と差し替えて、苦情や意見が来るのを待ってみました。ところが、オーストラリア人から反応がないため、さらに北海道と差し替え反応を待ったところ、やっとあった反応は「カンガルーの形だと思っていた」…ネ、ネタですよね??だれか、ニセコひらふスキー場(オーストラリアからの観光客が多い)に行ってアンケート取ってきてください(私は寒いところ苦手なんで行きません)。
私も地理は苦手ですが、海外の主要国とビールの美味しいヨーロッパの国はわかると思います、多分、きっと、そのうち…。
この本の中で、「バカ世界のご当地の噂」なるコーナーがあるのですが、ドイツの「ミネラルウォーターよりビールの方が安い」と「子供用、妊婦用のビールもある」は噂じゃないような…ビール安いよ。
ちなみにサイトの方は、バカ日本地図とか、噂もあって、北海道ネタを一気読みしてしまいました。お薦めです。

常陸野ネストビールヴァイツエン

20051219_2219_000.jpg
明るいアンバーカラーのヴァイツエンです。香りはバニラとややスモーキーさがあります。味は苦みを感じる割とすっきりしたタイプです。
それにしても、ヴァイツエンはおつまみを選びますよね。簡単に手に入るものではどんなつまみが合うかな~
少なくとも今我が家にある「鮭トバ」は合わない気がする…
皆さん、どんなつまみでヴァイツエンを飲んでいますか?

北海道酒蔵まつり2005に行ってきた

20051217_1621_000.jpg
2日間飲み歩いていたので、ブログはお休みでした。札幌コンベンションセンターで開催された酒蔵まつりに行ってまいりました。受付でガラス製のぐい飲みを買い、あとは蔵元15社ワイナリー6社の日本酒、焼酎、みりん、ワイン等飲み放題です。
とりあえず、普段入手可能な商品は後回しで、高価格の商品から攻めます。この日のナンバー1は、小林酒造の「北の錦まる田大吟醸原酒」北海道産の新しい酒造好適米でまだ名前のない空育酒170号を試験醸造したものです。ちょっと苦みが強いかなと思ったのですが、正月のカニ鍋に合うかな~と買って実家に送りました。ムフフ。
次が日本清酒の「千歳鶴金賞受賞酒」がすっきりとしつつ吟風らしいさわやかな香りがありました。
ワインはあんまりよくわからないんですが、はこだてわいんの「しばれわいん」が人工的なアイスワインの製法で造ったそうで、甘くて美味しかったのですが、4000円か~
ひととおり飲んで、会場であったメンバーと飲みに行き、フラフラ。

クリスマスのビール、スカルディスノエル

20051215_2305_000.jpg
Paul's Cafe」主催のベルギービアセミナーで購入した「ブッシュノエル」です…と思ったらよく見たらラベルに「スカルディスノエル」の文字。確か昨年までは「ブッシュ」の名前で売られていたはずです。「スカルディス」はアメリカ向けの名前ではなかったか…M・ジャクソンの「地ビールの世界」によると1980年代アメリカに少量の「ブッシュ・ビール」を輸出したところ、バドワイザーを造っているアンハイザー・ブッシュ社(本では名は伏せられている)がすでにあることから「スカルディス」の名を使うことにしたそうです。
検索してみたところ、アンハイザー・ブッシュ社が「ブッシュ」という名前を、ヨーロッパ七ヶ国を除く、 全世界で使用できないように求めたための変更のようです。
でも、味は変わりません。干しプルーンや蜂蜜のような甘い香りと味があり、飲み込むとアルコール度数の高さ(12%)によりじんわりと腹が熱くなります。ちびりちびりと飲むビールです。ノエルはクリスマスのことで、毎年冬になると販売されるスペシャルビールです。じっくり数年寝かせて飲んでも美味しいです。っっと、裏ラベルの賞味期限を確認したところ、「賞味期限:20006年8月31日」。すごい!さすがにベルギービールでもっともアルコール度数の高いビールなだけあります。1万8千年も賞味期間があるとはっ。
タイムカプセルに入れるには最適なビールですね。…そんな訳ありません。おそらく誤植…皆さんもお手元の廣島が輸入したスカルディスノエルを確認してみてください。

常陸野ネストビールレッドライスビール

20051214_2219_000.jpg
またまた、ネストビールですが、あと4回まだまだ続きますよ~フォー!!
ベルーナの頒布会で8種類8本送られてきたので…それはさておき、これは変わり種のビール、赤米を使ったビールです。アメリカでも売られていて、あちらでは3.99ドルだそうです。
昔初めて飲んだときはもっと赤い色が濃かったと思うのですが、久しぶりに飲むと思ったより赤くないですね、アンバーカラー、カラーガイドで8SRM位です。
香りは清酒用大吟醸酵母を加えてあるため、吟醸香があります。味も日本酒のような甘みとホップとは異なった苦みが後味に残ります。日本酒用の酵母を使ったビール・発泡酒は、私の場合は日本酒のような後味を感じることが多いです。
エチゴビールの吟醸麦酒もそうですが、さすがにもともと日本酒の蔵元のつくる日本酒用の酵母を使ったビール・発泡酒はバランスが良いと思います(蔵元以外のは飲んだこと無いけど)。

美味しいビールの注ぎ方は?

ビールはグラスを傾けて受けるのがマナー?」という記事を読みました。どうでしょう?宴会の場合は「あり」だと思います。私も実際宴会ではグラスを傾けて注いでもらっています。ただ、マナーというより、個人的には、宴会場の小さなグラスに注ぐ場合、酔っていきおいよく注がれるとアワアワになってしまうので、グラスの内側で自ら調整している感じです。
ビールメーカーの公式の注ぎ方はいわゆる「2度つぎ」「3度つぎ」が良いのでしょうね。
なお、泡とビールのバランスは3:7程度が薦められています。これは昭和15年に泡はビールかどうか裁判になり、15%~30%が適当と判決が出たのが根拠でしょう。
ところで、地ビールや海外ビールの注ぎ方はいかがなものか。日本地ビール協会発行の「ビアテイスターセミナー」のテキストに寄れば、ピルスナーはグラスを立てて2度つぎで、ヴァイツエンはグラスを傾けて注ぎ、次第に立てていくやり方です。
では、海外はどうなのか、イギリスは泡少なめ、ベルギーは泡てんこ盛りのイメージがあります。とりあえず、手元にあるビール評論家マイケルジャクソン氏の「BEER」という大判の本を見てみましょう。ビールの注ぎ方のページには4種類のビールの説明がありますが、(英語でわかりませんが)写真を見ると全てグラスを傾けて注ぎ始め、泡の量を調整しながら立てていく注ぎ方のようです。
世界の代表的なビアスタイルを紹介しているページはボトルとグラスの注いだ状態が紹介されているのですが、え~と、バラバラです(w。5割近く泡のヴァイツエンとか小樽ビールのヘレスは4割が泡…
カーボネーションの強さによって適当に注いでいるようです。ん~、ベルギービールはサービングコンテストがあるくらいなんですが。
とりあえず、注ぎ方にこだわるもよし、適当もよし、自分の飲み方をきわめてください。

冬でもビールを飲もう!

●以前紹介した滝川市が募集していたスカイビールの地ビール醸造施設を運営する「指定管理者」に、小樽市の北海道麦酒醸造が選ばれたそうです。早ければ来年4月には「滝川産の地ビール」が生産されるそうです。どんなビールができるか非常に楽しみです。
●中標津町産のジャガイモ「伯爵」を副原料とした発泡酒「中標津」が発売されたそうです。「新ジャガ」にこだわるため、秋の収穫期まで待って発売したそうです。アルコール度数5%、ピルスナータイプで330ml360円。
問い合わせは(有)なかはら電話0153-72-3116まで。
●ビールの情報ではありませんが、全道各地から19の清酒・焼酎の酒造メーカーが集まって、北海道の地酒、焼酎、ワインを展示・販売する「北海道酒蔵まつり」が、12月17日(金)~19日(日)の3日間、白石区のコンベンションセンターで行われます。入場無料ですが、試飲は男性500円、女性400円、特製ぐい呑み付き。地酒・ワインの販売もあります。

冬でもビールを飲もう!

●以前紹介した滝川市が募集していたスカイビールの地ビール醸造施設を運営する「指定管理者」に、小樽市の北海道麦酒醸造が選ばれたそうです。早ければ来年4月には「滝川産の地ビール」が生産されるそうです。どんなビールができるか非常に楽しみです。
●中標津町産のジャガイモ「伯爵」を副原料とした発泡酒「中標津」が発売されたそうです。「新ジャガ」にこだわるため、秋の収穫期まで待って発売したそうです。アルコール度数5%、ピルスナータイプで330ml360円。
問い合わせは(有)なかはら電話0153-72-3116まで。
●ビールの情報ではありませんが、全道各地から19の清酒・焼酎の酒造メーカーが集まって、北海道の地酒、焼酎、ワインを展示・販売する「北海道酒蔵まつり」が、12月17日(金)~19日(日)の3日間、白石区のコンベンションセンターで行われます。入場無料ですが、試飲は男性500円、女性400円、特製ぐい呑み付き。地酒・ワインの販売もあります。

常陸野ネストビールアンバーエール

20051212_2326_000.jpg
ロースト麦芽の香りとホップの苦みがきいたビールです。
今日は「アサヒスーパーイースト刻刻の生ビール」を飲んでみようかな~と、念のためアサヒのサイトを確認しました。記憶では1週間目と2,3週間目に味を比べればいいんだな、と思ってましたが、サイトをよく見ると1ヶ月目と2~3ヶ月目でした。そーだよなー、1,2週間じゃ味は変わらないよな~栓を開ける前で良かったよ。
最近忘れっぽいです。ひょっとして若年性認知症でしょうか…昨日掃除をしていて風邪をひいて寝ていた間に届いたクルマ屋の請求書を発見してしまった…20日以上経ってるよ。さらに先日友人の店でおつりだけもらって1万円札を渡してこなかったことが今日判明…エート、ほかにないですよね?心当たりある方は……忘れてください。
そういえば、来年の年会費3千円を支払った某団体から2ヶ月以上何の音沙汰もないのですが、そろそろ「いつもの苦情メール」を出した方が良いでしょうか(w
そういうことはシツコク覚えているまだらぼけの状態です(w。

国産地ビール発祥の地は?

20051211_2258_000.jpg
大阪の堂島に「国産ビール発祥の地」と書かれた碑があるそうだ。記事によると、横浜が発祥の地では?と確認したところ、横浜は「日本で初めて産業的にビールがつくられた地」で、大阪は「日本人によって初めて産業的にビールがつくられた地」であることがわかったそうだ。まぁ、ここまではちょっとしたビール好きには周知の話だが、記事を良く読むと、自家醸造ビールのついては蘭学者川本幸民が最初に醸造するより先に長崎でヘンドリック・ドゥーフなる人が幸民の40年前に自家醸造していたそうです。これは知りませんでした。
ま、それはさておき、日本の小規模醸造所が再び認められたのは、規制緩和政策による酒税法改定によるもので、ビール製造免許の申請第1号は北見のオホーツクビールと新潟のエチゴビール(免許第1号はエチゴビールとなっている。)。その1994年の地ビール第1号のエチゴビールのオールドエールです。
すごく甘いです。もう少し苦みとアルコール度数があった方が良かったかな。

第4のビール?こどもびいる

20051210_2137_000.jpg
麦芽もえんどう豆も使わないだけではなく、アルコールも使わない第4のビール発売??ではなく、「こどもびいる」はノンアルコールの炭酸飲料です。
以前、ネットで紹介されていておもしろそうだな、と思ってはいましたが、入手困難と聞いてあきらめていたところ、先週三越の酒売り場で発見いたしました。ちゃっかり冷蔵ケースのビールコーナーに並んでいました。
小樽ビールのジョッキに入れてみましたが、写真で見ると本当のビールのようですね。実際には泡がいわゆる「カニ泡」できめが粗くどんどん消えていきます。ちなみにビールの泡が細かく泡持ちがよいのはホップが入っているからです。
味は、リンゴ味の炭酸飲料です。これから忘年会シーズンなので、下戸の同僚・上司に勧めてみてはいかがでしょうか?あなたの評価がグーンとアップします(w。私も来週の忘年会で試したかったのですが、うちの職場下戸がいないや…
こどもおつまみ」なるものもあるそうです。

赤麦鮮烈~帯広ビールビター

20051209_2250_000.jpg
風邪も良くなったので、赤麦鮮烈を飲んでみました。赤い小麦「タクネ」を使っているということで、赤みがかっているかと想像していましたが、にごったアンバーカラーでした(11SRMくらい?)。
香りは麦芽糖のような甘い香りがすごくします。携帯で写真撮影している間も香るくらいです。味はビターと言うほど苦みはなく、甘みと酸味はかすかです。正直言ってタクネの特徴と言うより帯広ビールの特徴です。(3月に帯広で飲んだとき、どのビールも甘めだった。)ま、フルーティで飲みやすいってことで(w
写真のグラスは帯広ビールのものです。「とかち晴れのきもち」と書いてあります。最近サイトを見てもビールについての記述が少なく、3月以降の様子がわかりません。年末年始に帰ったときに寄ってみましょうか…

ジャガイモのバター煮です

20051203_2022_000.jpg
漫画「美味しんぼ」にも紹介された「ジャガイモのバター煮」です。料理も美味しいのですが、銘酒が安く揃っています。先日、酒の会があったので参加しました。1升5,250円から12,000円(注:プレミア価格ではなく定価でです。)の大吟醸クラスを10本飲み比べます。
最初ブラインドで飲んで、みんなが美味しいと思ったものを集計して発表してから、ブラインドをときます。何回か出ていると結構、自分の好きな傾向がわかって面白いですよ。私の場合は「純米吟醸」が好きで、いつも一番安い酒に1番をつけている…って、今回も一番安い酒だった…「十四代純米吟醸愛山」。でも2番は一番高い「東一純米大吟醸選抜酒」でした。
他の参加者達の点数が一番高かったのは「大吟醸北世界」でした。ほかのおじさんグルメ雑誌御用達の酒を押しのけての1位。このお酒、実は札幌の日本清酒(千歳鶴)の酒で、これにはビックリ。(私の点数はよく無かった)
本当に道産酒は年々良くなっています。道産米の酒造好適米「吟風」も良いのです。個人的にお薦めは栗山町の小林酒造(北の錦)のお酒です。機会があったら試してみてください。あっ、イモのバター煮も試してね。

常陸野ネストビールホワイトエール

20051207_2330_000.jpg
ベルギーのホワイトビールスタイルのビールです。お気づきかと思いますが、11月27日の記事で届いたビールです。香りは柑橘系とコリアンダーの香りが強く、味は軽い酸味とコリアンダーのフレーバーがあり、ヒューガルデンホワイトよりも力強い感じです。美味しいですね。
おつまみはなぜかサツマイモの天ぷらですが、イモの甘みとよくマッチしているかと。
…話は違うんですが、今「水曜どうでしょう」を観ているんですが、いつのまに虫追いが魚釣りに??

MORE BEER!風呂あがりの1杯のために!

20051206_2037_000.jpg
「MORE BEER(モアビア)」缶ビールの新商品です…ではありません。薬用入浴剤です。以前この記事を読んでから気にはなっていたのですが、ロフトで見かけたので買ってみました。
350ml缶ビールを一回り大きくした缶の中に入浴剤が5個入って525円でした。なお、入浴剤は1個105円でばら売りもしています。先ほどの記事によると「のどの渇きを高め」「身体のポカポカ感が続く」とのことなので、確かにビールが美味しくなりそうです。
とりあえず、サッポロクラシックを冷蔵庫で冷やして入浴剤を入れてお風呂に入りました。ん~、あまり熱くとか、ピリピリとかはしません。バ○゛の方が充実感がありそうです。あがってからも特にどうこうといった感触はないのですが、私の身体が鈍いんでしょうか?
ま、サッポロクラシックはいつもどおりに美味しかったです。

常陸野ネストビールペールエール

20051205_2305_000.jpg
イングリッシュスタイルのペールエールのお手本のようなビールです。かわいいフクロウがトレードマークの常陸野ネストビールは好きなブルワリーの一つです。
グラスは昔入手したものですが、ペールエールにふさわしいでしょ?

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

20051203_1657_000.jpg
ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」に行ってきました。美味しいドイツビールを楽しみにしていたのですが…、何ですか!この混み方は!!料理と酒の店は増えたのに、どこも長い行列が。今までこんなに行列になっていたっけか?
イベントとして定着したのは嬉しいですが。エルディンガーヴァイス飲みたかったけど、行列にくじけました。なんか食べようと腹を減らし気味にしていたためか、根性も減っているらしく並ぶことなく立ち去りました。
で、Paul's Cafeで飲んでましたが(w 「ビールのおつまみ」とともに飲む「Kapittel Watou Prior」はうまいです。

OLなおこのおまかせで行く!ベルギービール醸造所巡り

20051203_1142_000.jpg
ビアテイスターの東條直子さんの本が出たので紹介します。
ビール醸造の説明も平易でわかりやすく、ベルギービール入門に最適です。ベルギーのビール醸造所見学リポートですが、代表的な醸造所が多いので、これから旅行する方が参考にしてください。
丁度私が6月に行った醸造所やカフェも多く、「行った、行った、飲んだ、飲んだ。」と言いながら読んでました。
私はワロン地方は全然行っていないので、今度はこれを参考に行ってみたいです。
購入は出版社のサイトからできます。

アサヒスーパーイースト刻刻の生ビール

20051202_2243_000.jpg
昨日が発売日だった「アサヒスーパーイースト刻刻の生ビール」を飲んでみました。あ、イースト(酵母)の香りがします。でも、花のようなホップの香りもかすかにあります(かすかに、と言っても他のアサヒ製品よりは強い)。
味は思ったより苦みがあり、甘みもかすかにあります。糖分は入っていないと酵母のごはんがなくて死んじゃいますから、もっと甘みが残してあるかと思いましたが、それほどではないですね。意外と美味しいです、正直イーストの香りが邪魔です。
確かに「豊かでまろやかな味わい」ですが、2週目以降の変化を確かめるために残りの2本は保存しておきます。
楽しみです。でも、ラベルを良く読むとオールモルトではないんですね。米、コーン、スターチが入っているそう。
で、以下は「もやしもん」を知っている方向けです。
もし、菌が目に見える沢木(漫画「もやしもん」主人公)がこのビールを見たら、瓶の中にS・セレビシエ達が居るんでしょうか。「こっから出せー」「糖をもっとよこせー」「S・ウバルムがかもした後にかもせるかー」とか、きっと文句の方が多そうな気が…

カップ酒のパッケージに注目!

20051201_2043_000.jpg
最近のカップ酒は侮れないことは知っていましたが、本州では一番美味しいカップ酒のコンテストまで開催されているとは…
しかもグランプリの「沢の鶴『吟醸ひとはなぐらす』」のすてきなネーミングとパッケージは秀逸ですな。『ずーっと好きでいてください』もいかしています(いくらだろう?)。
実は私もカップ酒のパッケージには注目していましたよ。写真の左は根室の「北の勝」、地元の魚介類に合うように普通酒にこだわっている蔵元で、当然パッケージはタラバガニ、鮭、昆布です。ここの純米や濁り酒は札幌では滅多に見かけませんが、見つけたら是非飲んでみてください!
右のは旭川の「男山」で、イラストはエゾカンゾウの花です。これはおもわずパッケージ買い(?)してしまいました(この間もそんな理由でアルミ缶を買っていた気が)。
北海道内の蔵元ももっといろんなパッケージでカップ酒を出してくれたら、酒好きへのお土産なんかにも良いと思いますよ。

« November 2005 | Main | January 2006 »