Recent Trackbacks

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« January 2006 | Main | March 2006 »

オリオンビールサザンスター

20060228_2147_000.jpg
オリオンビールのいわゆる第3のビール、リキュール類に分類される「サザンスター(音が出ます)」です。色は非常に薄く、泡立ちは良いのですが、ドンドン消えていきます。ハラタウ産ホップを使っているそうですが、ホップの香りはなく、甘いダイエット甘味料のような香りと味がします。苦みも低く甘みがあるスッキリとしたアルコール飲料といった感じ。ビール・発泡酒というよりチューハイのジャンルに近い気がします。

アンカーリバティーエール

20060227_2257_000.jpg
さわやか春生のカスケードホップの香りについて、皆さん語っておりますが、日本のカスケードホップ好きがその香りを知ったのはよなよなエールかこのアンカーリバティエールでだったと思います。私もかれこれ10年以上前、生まれて初めて飲んだこのアンカーリバティエールでカスケードホップを知りました。
アメリカのホップの特徴、柑橘系(グレープフルーツなど)や松ヤニのような香りがあります。ただし、このビンのラベルによると「カスケードホップ特有のマスカットのような香り」と書かれています。言われてみると確かにマスカットの香りも感じるかな?

オリオンビール麦職人

20060226_2339_000.jpg
スーパーの沖縄特集でオリオンビールの発泡酒「麦職人」とリキュール類にあたる「サザンスター」を買ってきました。ゴーヤーチャンプルーを作って一緒に食べようとしたのですが、忙しかったんで作る暇なし…
麦職人は香りは酸味を感じる発泡酒らしい香り(?)で、特にホップやモルトの香りはありません。味はまず、甘みが先にあり、発泡酒特有の酸味などを覆い隠しています。苦みはそんなに強くありませんが、カーボネーションが強いせいか、すっきり感があります。意外とゴクゴク飲めます。ただ、少しぬるくなると口当たりが悪くなるような。
ゴーヤーチャンプルーに合いそうな味です。

サントリーさわやか春生

20060225_2137_000.jpg
あちこちのブログで好評な「サントリーさわやか春生」をようやく飲みました。色は普通のうすい黄色。香りはあきらかにホップの香りがあります。普通節税型発泡酒の場合、独特の香り(私はなぞの粉っぽい香りと感じます。)を感じることが多いのですが、ホップの香りにかき消されているようです。
ただし、缶にも書かれている「カスケードホップ」の強い特徴を持った香りではありません。味は、口に含むとカスケードホップの特徴である柑橘系のさわやかな香りが鼻を抜け、節税型発泡酒としては強めの苦み、そして酸味がマッチして非常にさわやかです。適度な甘みもあり、飲み応えがある発泡酒となっています。これは、皆さんがほめるのがよくわかる良いできです。
大手ビールメーカーは今まではホップの香りも苦みも抑えようとしていましたが、キリンのゴールデンホップを始め、ホップの魅力に着目したビールを出してくれて嬉しい限りです。(個人的には新しい黒ラベルもホップ感が出たと思います。)
特に今回はカスケードホップの特徴が節税型発泡酒の悪い特徴を覆い隠してくれていると感じました。
アルコール度数を高めにすることにより飲み応えを高めようとした発泡酒より、春生の方が飲み応えを感じます。

ところで、「はるなま」と入力して変換すると「榛名間」になります…「頭文字D」かよっ!4th Stage vol.11のDVDでも観るか。

南信州ビールアンバーエール

20060224_2227_000.jpg
その名のとおりアンバー色のビールで、薄く濁っています。ホップの香りと甘くて香ばしいカラメルのようなモルトの香りがあります。味もホップのしっかりとした苦みと香ばしいモルトの味があり、アメリカのクラフトビールだと言われても気づかないかもしれません。

南信州ビールゴールデンエール

20060223_2224_000.jpg
非常に色の薄いエールです。下手するとバドワイザーや発泡酒並みの色かも。しかし、香りは柑橘系のホップの香り(アメリカのホップ?)がしっかりとあり、味も苦みが利いています。逆にアメリカンエールだとしてももう少しモルトの風味があった方が?とも思わないでもないですが、この思い切りの良さは他の日本の地ビールには無いところかも知れません。

サントリージョッキ生

20060222_2124_000.jpg
「その他の雑酒2」の新製品「サントリージョッキ生」です。(サイトを見るときは音量注意!所さんの歌が延々流れます。)
色が非常に薄いのですが、泡立ちは非常に良いです(消えるのも早いが)。金属のような香りがありますが、飲むときにはあまり気になりません。ダイエット甘味料のような薬っぽい甘みと苦みが意外とマッチして、後味はさっぱりとして確かに「カラッと爽快」のキャッチコピーは嘘ではありません。
のどが渇いているときにゴクゴク飲むには適していると思います。節税型発泡酒や雑酒はゴクゴク飲めるタイプをきわめて欲しい気がします。コクがあって美味しいのもあった方が良いですが、そうなるとビールの立場は…

アンカーリバティーエールとスペシャルエール

20060221_2246_000.jpg
先日、イトーヨーカドーに海外ビールが売られているとの情報を聴き、札幌市内某所のイトーヨーカドーに行って参りました。なんとアメリカのアンカーブルーイングのラインナップが一通り並んでいるではありませんか。早速リバティーエールとスペシャルエール2005を買ってきました。
たまにいつも行かない店をのぞいてみるもんですね。ついでに見たこと無いお菓子とか弁当とか買ってましたが(ハハハ)

エチゴビールドッペルボック

20060220_2320_000.jpg
家を留守にしていたら、エチゴビールの頒布会とベルーナのビールと両方届いていました。嬉しいけど、早く飲まなくては…

Paul's Cafe Beer Sessionと東京ブラックリアルエール

20060219_1902_000.jpg
日曜日に実家から戻り、Paul's Cafeの「Beer Session vol.1 トラピストビールを飲む」に参加して参りました。
6銘柄をそれぞれ試飲しながら、トラピストビールの説明を聞きます。ウエストイマレトリプルとウエストフレテレンアブトが良かったです。アブトはいつも甘すぎることが多かったのですが、今回飲んだのはチョコレートのような上品な味わい(バナナ感は無かった)がありました。わざわざ、ポールさんの弟ウォルターさんが並んで購入してくれたそうです。
イベント終了後、参加者みんなでヴァルデュー トリプル マグナムを飲んだりしてから、有志で琴似にある「bar Diversion」によなよなエールの「東京ブラック・リアルエール」を飲みに行きました。1日限りの限定品で、お客さんはみんなパイントグラスを傾けています。
ビアスタイルはポーターだそうですが、酸味はなく、ややスモーキーな香りがあり口当たりがスムースでするする飲めます。生ハムをつまみながら至福の時でした。

福司く’しろうさぎ

20060218_2022_000.jpg
金曜日に仕事が終わってから急遽実家に行って参りました。用事が済むとあとは家でゴロゴロ…持参の本や妹の本、自分が昔買った本など引っ張り出しては読んでいました。
正月に妹が買ってきてくれたものの、飲む暇がなかった「福司く’しろうさぎ」を飲んでいます。先日飲んだのと同じく福司の濁り酒なのですが、発泡感はまったくありません。ラベルを良く読むと瓶詰めしたのは17年3月…1年前かよ。気づきませんでした。「純生」の味を薄めた感じでこれはこれで飲みやすくてついつい半分くらい飲んでしまった。あわてて冷蔵庫にしまって、正月に飲み残していた芋焼酎「蔵の師魂」を飲みながら読書…
何しに帰ったんだ。

福司純生

20060216_0031_000.jpg
釧路の蔵元「福司」の活性清酒「純生」(ビールの名前みたい…)です。搾る前のもろみを粗く濾過して瓶詰めし、加熱処理はしていないそうです。ただ詰めてから2ヶ月経っているせいか炭酸ガスは抜けて飲みやすくなっています。甘酸っぱくてさわやか、舌にピリリとした刺激が少しあるのも良いです。

キリン円熟ENJUKU

20060215_2230_000.jpg
今日スーパーに行ったら見慣れない缶ビールを発見。本日発売のキリンの新発泡酒「円熟」でした。早速飲んでみました。香りはやはり節税型発泡酒に良く感じる粉っぽい香りがして、特にホップやモルトは感じません。味は、ホップの苦みと言うよりアルコールの苦みのような味が強く、アルコールの高さ(6%)は感じます。節税型発泡酒にキリンのチルドビールシリーズのような風味やコクは期待するのは無理だったかな?微妙です。

犬が飲むビール?!

この記事によると「犬でも飲めるビールがカリフォルニアの特産品に」なっているそうです。
サイトに載っているラベルを見ると美味しそうなアメリカのクラフトビールのようです。私なら間違って買ってしまいそうだ(実際犬のデザインラベルのビールは結構ある)。アルコールなし炭酸なし牛肉味って、どんな味かなとは思いますが(人が飲んでも大丈夫とか)、試すのは??
最近日本でもペットにお金をかける人が増えているので、日本でも発売したらうけるかも知れません。
もしくは、犬が飲めるワインとか日本酒とか??…はっ!、特許?、ブログに書いている場合ではない??

アサヒスタウトが飲めるよ~

アサヒビール北海道工場で、「アサヒビール北海道工場操業40周年特別企画」として、「『うまい!』ビールなるほどツアー」を2月26日(日)まで開催しています。ビールセミナー、工場見学のあとの試飲タイムは普段より10分間延長した30分飲み放題。飲めるビールは「スーパードライ」「黒生」「バスペールエール」「ベルビュークリーク」「アサヒスタウト」で、当然無料(完全予約制)です。
●現在発行中の「北海道ウォーカー」の特集は「新『ちょい飲み』スタイル」で、おなじみ「米風亭」や「BRIAN BREW S3branch」が美味しいビールが飲める店として紹介されています。そのほかにも行ってみたいお店が載っています。
小樽ビール銭函醸造所では、「醸造所見学と季節のビールを味わう集い『醸造体験』」を2月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)に行います。なんと、小樽ビールを飲みながら醸造体験ができます。詳しくはこちら
●「bar Diversion」では、ヤッホーブルーイングの「東京ブラック・リアルエール」を一日限定で提供します。2月19日(日)19:00から、チャームチャージ無料です。

大雪の蔵初しぼり原酒

20060213_2331_000.jpg
ラベルには「寒造り新酒只今、到着。」と書いてあります。合同酒精の「大雪の蔵初しぼり原酒」ですが、めずらしく500mlビンです。色々種類を飲んでみたいし、持ち帰りやすいので、500mlはちょうど良いかも。北海道限定で、「道産米100%使用」とありますが、銘柄は書かれていません。本醸造酒なので、やや辛口かなと思ったのですが、甘みも結構あり割と複雑な味です。冷酒だと辛かったので、熱燗にしてみたところ非常に美味しかったです。
ところで、ラベルにある「辛麗」って初めて見たのですが、大雪の蔵が考えたのかな?

手づくり麦酒ラズベリー

20060212_2225_000.jpg
色は赤身を帯びた濃いめのアンバー色、写真にすると昨日のスタウトと同じようですが。香りはそんなにありません。味はラズベリーはあまり感じず、水っぽさもあることから少し劣化しているようです。残念、買ったときに最初に飲めば良かった。結局6種類買って、前の5本はいずれも美味しかったので、期待して大切にとっておきすぎました。

チョコレート色のクルマを見た

20060211_2249_000.jpg
バレンタインデーが近づきているせいか?街でチョコレート色のクルマを見ました。クラシックな丸みを帯びたデザインで本体はミルクチョコレート色、屋根と大きく張り出したフロントフェンダーはブラックチョコレート色、なんとも美味しそうなクルマが正面から走って参りました。こちらもクルマだったので、シトロエンのエンブレムは確認したのですが、ナンバーは確認し損ないました。さすがに、道路状況の悪い冬の北海道にクルマで来る人も少ないでしょうから、道民かな?
ネットで確認したところ、シトロエンの2CVチャールストンのようです。軽くてFFなんで雪道は大丈夫だと思いますが、寒さはダイレクトに感じるはず(当然日中でもマイナスですが?)。
色は赤×黒らしいのですが、どう見てもチョコレート色だった。ちなみに探した映像を見るとやっぱりチョコレート色に見える。
そんなわけで、本来ならチョコレートスタウトでも飲みたいところですが、今日はカナディアンブルワリーのスタウトです。かなり濃厚な味のスタウトですが、アルコール度数は5~5.5%とさほど高くはありません。色はかなり黒いです。

小江戸ブルワリー狭山茶発泡酒

20060210_2221_000.jpg
茶葉を使用した発泡酒です。パンフレットには「ホップのかわりに茶葉を使用した」とありますが、原材料に「ホップ」って、書いてあります。まぁ、ホップの味や香りは感じません。
香りは節税型発泡酒に似た甘い香りがあります。味は後味にお茶の味や渋みを感じることができます。
宴会でビールにウッカリお茶を入れてしまったときの味です。でもまずくはありません。おせんべいとか乾きもののつまみとともに飲みたいビールです。

全然話は変わりますが、明日の早朝からいよいよトリノオリンピックですね。コンビニでは日清焼きそばイタリアンUFOとか、期間限定のカップ麺が安売りされています。美味いのかなーと商品を見ていたら、カップ麺のチキンラーメンも合わせて安売りされています。なぜだ?
単に人気商品だからかなーと思いつつ、家に帰ってコンビニの袋に入っていたちらしを見ると、、、「鶏の(トリノ)ラーメン」って、書いてありました……誰だ考えた人。セイコーマートなのか、日清の中の人なのか…
なお、UFOは買ってきませんでした。道産子は「やきそば弁当」しか食べない(w

小江戸蔵の街№2(缶)

20060209_2334_000.jpg
先日飲んだボトルの№2と味が違うか期待して飲みました。結果、同じ味でしたが、缶の方が美味しい!気がする。ついつい2缶目も開けてしまった(しまった、2本目飲むならボトルと飲み比べれば良かった…)。パンフレットに書かれた「飲む人を飽きさせない逸品」は誇大広告ではありませんでした。

10週間目のアサヒスーパーイースト刻刻の生ビール

20060208_2226_000.jpg
10週間目の「アサヒスーパーイースト刻刻の生ビール」です。ちょっと忘れてました。前回の7週間目と比べます。
さらに華やかさ、すっきり感はアップしているのでしょうか?栓を開けてみます。泡が大きめで、泡立ちは良いのですが、泡持ちは7週間目より悪くなっています。香りはまだかすかにホップとイーストの香りがあります。香りは7週間目の方が良かったですね。
味はなんか水っぽくなっています。酸味と苦みを感じます。おかしなオフフレーバー(ビールのあってはいけないアロマ、フレーバー)はありませんが、物足りない味です。
やっぱり、全体的には7週間目が味のピークだったのかも。ただ、イースト香は邪魔でしたが、できたての刻刻の生ビールも美味しかったです。
やはり大手メーカーのビールはできるだけ新鮮なウチに飲んだ方が美味しいって事ですね。
それから、写真が7週間目と代わり映えしないので、お風呂のマスコット「Kero」ちゃんも一緒に写してみました。本当は光るのですが、こんなときに電池切れ…

手づくり麦酒長命庵エール(ダッタン蕎麦)

20060207_2205_000.jpg
北海道で話題のダッタン蕎麦を使ったビールです。韃靼(だったん)そばは、血液をさらさらにするルチンが豊富に含まれていそうで、色は普通の蕎麦より黄色く、苦みがある蕎麦です。札幌市内の蕎麦屋の長命庵のオリジナルビールで、上川支庁当麻町で契約栽培したそばが原料だそうです。
(長命庵で検索すると謎のお店が紹介されるので、よくわからん)
色は濃いアンバーで、香ばしい豆を炒ったような、薄いコーヒーのような香りがあります。味は酸味があり、薄めたコーヒーのような苦みがあり、かすかに蕎麦かなぁ~といった味があります。炭酸が抜けてくるとそば茶の味がします。ビールとしては、こんなものかなと思いますが、お蕎麦には合わないかも知れません。

2月19日はイベント目白押し

●「ちとせ地ビールピリカワッカ」が「北海道ビールピリカワッカ」に名称を変えていたそうです。ビールラベルのデザインも変わっていますが、醸造スタッフは変わっていないそうなので、味も変わっていないと思われます。なお、2月からは株式会社耕人舎(北海道空港(株)の子会社)の経営となり、以前のサイトは見られなくなっています(ちなみに先週までは見られました)。
●「Paul's Cafe」では、毎回テーマを決めてビールを楽しむ「Beer Session」を 開催するそうです。 第1回のテーマは、「トラピストビール」。2月19日(日)15:00スタート、参加費3,000円。申し込みはPaul's Cafeに2月13日まで。
小樽ビール銭函醸造所では、「醸造所見学と季節のビールを味わう集い『醸造体験』」を2月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)に行います。なんと、小樽ビールを飲みながら醸造体験ができます。詳しくはこちら
●「bar Diversion」では、ヤッホーブルーイングの「東京ブラック・リアルエール」を一日限定で提供します。2月19日(日)19:00から、チャームチャージ無料です。
●先日紹介した「第8回小樽雪あかりの路」限定小樽ビールがの詳細記事を発見しました。

手づくり麦酒ラガー(カナディアンブルワリー)

20060206_2302_000.jpg
今日は、カナディアンブルワリーのラガーです。泡立ちが非常に良く、苦みの利いたややライトなラガーです。
日本の大手メーカーのビールに近いので、どなたにもお薦めできるビールです。
あ、あと、「あたまじゃくしの北海道と世界のビール」の「ビールな最新情報」を更新したので、ご覧ください。

小江戸蔵の街№2

20060205_2312_000.jpg
ラベルのひょっとこの絵がかわいいです。箱には缶バージョンの№2も入っていたのですが、同じものでしょうか。味はいわゆる節税型発泡酒の味を濃くした感じでした。

当別のお米でできたお酒

20060204_2310_000.jpg
当別町産の酒造好適米「初雫」を100%使用した特別純米酒の「当別のお米でできたお酒」です。ストレートなネーミングだなぁ。醸造したのは小林酒造
ちょっと苦みがありますが、甘みもあってコクがあるというか力強い味の酒です。私が昔から好きな小林酒造の「北海二七八」は初雫の育種番号から取られていたんですね。知らなかった。
現在は「吟風」という道産の酒造好適米の方が人気で、私も大好きですが、もともと北海道で初めて作られた酒造好適米第一号は初雫でした。(北海道の酒造好適米についてはこちらのサイトをご覧ください。)
ところで、最近新しい道産酒造好適米が話題になっています。私が今年の正月用に購入した「北の錦まる田大吟醸原酒」に使用されている「空育酒170号」です。この酒造好適米の名称が今日発表されました。「彗星」です。うーん、なんか、酒米に「彗星」って、変じゃないですか?実は、昨年の10月に「彗星」になると言う話を聞いていたのですが、周りの人とも、ピンと来ないね、と話していたのです。ひょっとしたら、まだ決定じゃないし、発表までに変わるかな~と考えていたのですが、変わりませんでした。
まぁ、道産米では「きらら397」なんて名前も変わっていると思ったけど定着したから、慣れるんでしょうか。
とりあえず、道産米、道産酒をもっと消費しましょう。詳しくはこちら(大泉洋のCMが見られますよ)

節分はから付き落花生!!

今日は節分なので、豆まきをしました、「から付き落花生」で。
北海道では、節分には大豆を煎ったものではなくから付き落花生をまきます。どこにまいても汚れないし、見つけやすいし、これこそ道産子の合理性??(これが、証拠
スーパーに行くと当然のように鬼の面がおまけについた落花生がいっぱい売られています。しかし、から付き落花生は汚れないからという理由があるので理解できるのですが、なぜか旭川名物「旭豆」とか池田バンビの豆菓子(エビス豆、うぐいす豆など)も節分近くなると大量に売られます。そして……、まきます。確かにお菓子の中心は大豆なんですが…
私の実家も大豆の炒ったのに旭豆とか混ぜていた記憶があります。落花生もまいて、残りは神棚にあげておいて、カミナリが鳴ると食べていました。どこの風習だったのだろう?
一応道産子も正式には大豆をまくことは理解しているのですが、まくのやっぱりから付き落花生。私も部屋に適当にまいて、残りは先日買っておいた登別の地ビール「鬼伝説」のレッドエールとともに食べております。ただし、落花生なので年齢分食べたらニキビができそうです。
そういえば、先日書いた恵方巻きの話ですが、テレビや新聞によると北海道内では海鮮生太巻きやロールケーキやパン製の恵方巻き(?)が人気だそうで、落花生同様間違った方向に盛り上がりそうです(w)。

小江戸ブルワリーサツマイモラガー

20060202_2247_000.jpg
買い置きの芋焼酎が切れたせいではありませんが、今日はサツマイモラガー。香りは特にホップとかは感じず、クリームのような甘い香りがあります。飲むと、まず甘いです。そのあと苦みが来て後味はサツマイモの甘さがあります。以前も飲んだことはあったけど、こんなにサツマイモは感じたかな?
アルコール感のある甘みだなーと思って良くラベルを見たらアルコール度数7度でした。気づかないでゴクゴク飲んでた。

手づくり麦酒 コリアンダー

20060201_2234_000.jpg
原材料欄には「麦芽、ホップ、小麦、糖類、コリアンダー、シナモン」とあります。小麦とコリアンダーなので、ベルジャンスタイルのホワイトビールかと思ったら、なんか、黒い。ビンの外から見ても黒いです。
注いだところ、ごらんのとおり黒いです。スタウトのような透明感のない黒さです。泡立ちは良く、香りはチョコレートのようなロースト麦芽の香りがあります。シナモン、コリアンダーは意識して嗅ぐとかすかに感じるかな?といったくらい。味は酸味があり、甘み、苦みは低く、シナモンの味を感じることができます。ボディは想像より軽くやや軽いミディアム。後味にコリアンダーの風味を感じることができます。
色々想像と違いましたが、これはこれで美味しいです。

« January 2006 | Main | March 2006 »