Recent Trackbacks

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 南信州ビールアンバーエール | Main | オリオンビール麦職人 »

サントリーさわやか春生

20060225_2137_000.jpg
あちこちのブログで好評な「サントリーさわやか春生」をようやく飲みました。色は普通のうすい黄色。香りはあきらかにホップの香りがあります。普通節税型発泡酒の場合、独特の香り(私はなぞの粉っぽい香りと感じます。)を感じることが多いのですが、ホップの香りにかき消されているようです。
ただし、缶にも書かれている「カスケードホップ」の強い特徴を持った香りではありません。味は、口に含むとカスケードホップの特徴である柑橘系のさわやかな香りが鼻を抜け、節税型発泡酒としては強めの苦み、そして酸味がマッチして非常にさわやかです。適度な甘みもあり、飲み応えがある発泡酒となっています。これは、皆さんがほめるのがよくわかる良いできです。
大手ビールメーカーは今まではホップの香りも苦みも抑えようとしていましたが、キリンのゴールデンホップを始め、ホップの魅力に着目したビールを出してくれて嬉しい限りです。(個人的には新しい黒ラベルもホップ感が出たと思います。)
特に今回はカスケードホップの特徴が節税型発泡酒の悪い特徴を覆い隠してくれていると感じました。
アルコール度数を高めにすることにより飲み応えを高めようとした発泡酒より、春生の方が飲み応えを感じます。

ところで、「はるなま」と入力して変換すると「榛名間」になります…「頭文字D」かよっ!4th Stage vol.11のDVDでも観るか。

« 南信州ビールアンバーエール | Main | オリオンビール麦職人 »

今日飲んだビール」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79721/8832629

Listed below are links to weblogs that reference サントリーさわやか春生:

« 南信州ビールアンバーエール | Main | オリオンビール麦職人 »