Recent Trackbacks

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« スタウト | Main | 網走ビールピルスナー »

滝川市が醸造施設の指定管理者を再び募集

●「滝川地ビール復活へ 市の製造施設 管理者を再募集」9月29日北海道新聞
【滝川】市は、休止中のふれ愛の里地ビール製造施設を運営する指定管理者の再募集を始めた。滝川産ビールを復活させ、地場農産物を原料に使う酒づくりの可能性も探りたい考えだ。
 同施設は全道各地で地ビールブームがわき起こっていた一九九七年四月、麦芽粉砕装置や酵母貯蔵庫、六基の貯酒タンクを持つ本格的なビール製造所として完成。同年五月から、ふれ愛の里の温泉施設やレストランを運営する第三セクターの滝川グリーンズがビールを製造し、「スカイビール」として販売を始めた。
 二年目の九八年度に営業利益が二千八百万円となったのをピークに売り上げは減少。二○○四年度に六百万円の赤字となり、同年度限りで製造を休止した。○六年一月に北海道麦酒醸造(小樽)を指定管理者として運営委託したが、滝川でのビール製造免許を取得できず、市は今年五月末で契約を解除した。
 しかし、設備は健在で復活を望む声が今も寄せられることから、新たに公募することを決めた。市は「江部乙産リンゴを使った果実酒など、ビール以外の酒も製造が可能。さまざまなアイデアを運営希望者から募りたい」と話している。
 管理期間は○八年一月一日から一○年十二月三十一日まで。十月十七日まで募集する。問い合わせは市農政課担い手育成グループ(電)0125・23・1234内線1333へ。
滝川市の募集要項→ http://www.city.takikawa.hokkaido.jp/keizaibu/nousei/zibeer_siteikanrisya.jsp

●ドイツでブラウマイスター資格を取得された高橋康典氏の書籍、「マイスターのドイツビール案内」幻冬舎ルネッサンス刊1200円+税が出ています。今まで書籍によって違っていたビール純粋令の謎が少し解けました。
●「THE Whisky World」vol.12で、特集「最高のギネスに出会う旅」が載っています。
●ニュースではないが、小樽ビールのフェストビールの案内が来ると秋を感じ、エチゴビールの限定醸造ビール頒布会の案内があると冬の始まりを感じます・・・

« スタウト | Main | 網走ビールピルスナー »

ビールな最新情報!」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.