Recent Trackbacks

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

月桂冠復刻醸造酒セット飲み比べ

昨日写真を載せた月桂冠の復刻醸造酒セットを飲み比べてみます。まずは、「昭和仕込み」唯一の本醸造酒です(醸造アルコールが添加されています。)。香りはいわゆる普通酒と呼ばれる日本酒の香りです。味はじんわりとした甘さは感じるもののアルコールの辛みを感じてしまいます。お燗にしてのみたいな。
昔、初めて飲まされた日本酒よりは美味しいですが…
色は無色透明。次は純米酒の「大正仕込み」、こちらも無色透明です。昭和に比べてお米の甘い香りがあります。味は昭和の辛みを減らした感じで、味もコクがあります。どちらも辛口ですね。
最後はやはり純米酒の「明治仕込み」、色は他の2本と違い薄い黄色です。香りは木樽の香りがあり、味は辛みが低く甘み、酸味があり骨組みがしっかりとした感じです。3本の中では、私は大正仕込が好みでした。
燗で飲んで見たくなったので、雪平鍋の中に3本を置きお湯をそそぎ、石油ストーブ(北海道はまだ使う)の上で暖めます。昭和仕込は辛口のままですが、冷酒の時より好みです。大正仕込は辛みが強くなってしまい、ちょっと失敗かな。明治仕込も辛みが強くなり少し飲みづらい…と、いずれも冷酒の時と違います。日本酒は温度によって味わいが異なる酒であることがよくわかります。

月桂冠復刻醸造酒セットを発見

月桂冠
セブンイレブンで、変わった日本酒を発見しました。「月桂冠復刻醸造酒セット」、以前キリンビールでもやっていた気がしますが…
ようは、各時代に醸造されていた日本酒を当時使われていたラベルとともにセットにしています。セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで先行販売しているそうです。
1カップ100ml入りです。

北の錦北斗随想純米吟醸しずくどり

北斗随想純米吟醸しずくどり
北海道の米と水で醸された「北斗随想」の年に1回の限定品「純米吟醸しずくとり」です。米は北海道産酒造好適米「吟風」の精米歩合45%です。上白糖のような香りがあり、味はやや苦みがありますが、ほのかな甘みと酸味を感じることができます。
北斗随想は大きなラベルが無く、首にぶらさがった札に詳細が記載されています。今回は限定品のためか、精米された吟風もついていました。やや楕円形で、2,3ミリです。

千歳鶴純米

千歳鶴純米
4月1日に紹介した道産食品独自認証制度認定の日本酒です。千歳鶴の「純米」。北海道産の酒造好適米「吟風」を100%使用しています。香りは香ばしい上白糖の香りで、味は最初にふんわりと甘い味がしてから、後味はしっかりと苦みがあります。熱燗にしてみたところ、冷酒より美味しいです。甘みが前面に出て非常にまったりします。

北海道認証(きらりっぷ)のお酒

北海道認証
スーパーに行ったら、派手な首飾りをつけたお酒を発見しました。千歳鶴の純米酒です。
北海道認証は、正式には「道産食品独自認証制度」といい、主原料が道産のもので作られた良質な商品につけられるものです。現在、「ハム類」、「ベーコン類」、「ソーセージ類」、「ナチュラルチーズ」、「日本酒」、「熟成塩蔵さけ」、「そば」、「みそ」、「ワイン」、「いくら」、「アイスクリーム」の認証基準を制定しています。
この認証を受けた商品を飲むのは初めてです。テイスティングは後日。


男山雪しばれ生特別純米酒

20060322_2206_000.jpg width="144" height="144" border="0" />
旭川の男山の特別純米酒です。
わずかに入った「おり」が「ダイヤモンドダスト」や「粉雪」をイメージしているそうです。かすみはごくわずかです。
味は米の甘い味があり、後味にしっかりとしたコクと苦みを感じます。お燗してみましたが、アルコールを強く感じて今ひとつでした。冷やの方が美味しいです(当然ラベルにはよく冷やせと書いてありますが…)。

北の錦秘蔵純米酒

20060306_2325_000.jpg
北の錦秘蔵純米酒です。北海道産の酒造好適米「吟風」が使われています。色はかなり黄色いです。ほんのり甘いので、お燗にしてみました。

福司く’しろうさぎ

20060218_2022_000.jpg
金曜日に仕事が終わってから急遽実家に行って参りました。用事が済むとあとは家でゴロゴロ…持参の本や妹の本、自分が昔買った本など引っ張り出しては読んでいました。
正月に妹が買ってきてくれたものの、飲む暇がなかった「福司く’しろうさぎ」を飲んでいます。先日飲んだのと同じく福司の濁り酒なのですが、発泡感はまったくありません。ラベルを良く読むと瓶詰めしたのは17年3月…1年前かよ。気づきませんでした。「純生」の味を薄めた感じでこれはこれで飲みやすくてついつい半分くらい飲んでしまった。あわてて冷蔵庫にしまって、正月に飲み残していた芋焼酎「蔵の師魂」を飲みながら読書…
何しに帰ったんだ。

福司純生

20060216_0031_000.jpg
釧路の蔵元「福司」の活性清酒「純生」(ビールの名前みたい…)です。搾る前のもろみを粗く濾過して瓶詰めし、加熱処理はしていないそうです。ただ詰めてから2ヶ月経っているせいか炭酸ガスは抜けて飲みやすくなっています。甘酸っぱくてさわやか、舌にピリリとした刺激が少しあるのも良いです。

大雪の蔵初しぼり原酒

20060213_2331_000.jpg
ラベルには「寒造り新酒只今、到着。」と書いてあります。合同酒精の「大雪の蔵初しぼり原酒」ですが、めずらしく500mlビンです。色々種類を飲んでみたいし、持ち帰りやすいので、500mlはちょうど良いかも。北海道限定で、「道産米100%使用」とありますが、銘柄は書かれていません。本醸造酒なので、やや辛口かなと思ったのですが、甘みも結構あり割と複雑な味です。冷酒だと辛かったので、熱燗にしてみたところ非常に美味しかったです。
ところで、ラベルにある「辛麗」って初めて見たのですが、大雪の蔵が考えたのかな?